back
   

平成15年7月16日

お知らせ    
   
アギア・システムズ
株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー

アギア・システムズとNTT-ME社、NTTグループの個人向けおよび企業向け
ブロードバンドVoIPサービスで使用できる携帯端末用チップセットの
共同開発について

通信ネットワーク半導体の技術分野で世界をリードしているアギア・システムズ(NYSE: AGR.A、AGR.B)と東日本電信電話株式会社(NTT東日本)の子会社であり、ブロードバンドネットワークソリューション会社の株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー(NTT-ME)は、ブロードバンドVoIPサービスで使用できる携帯端末用チップセットの製造において、共同開発契約を締結しました。このチップセットは、日本最大のブロードバンド・サービス・プロバイダであるNTTグループによる、個人向けおよび企業向けブロードバンドVoIPサービスへの適用を狙ったものです。

このチップセットはアギアの2つの最先端技術(Wi-FiとVoIP)における専門知識と技術を活用し、インターネット上で携帯端末による低価格の通話を実現するものです。アギアのワイヤレスVoIP電話ソリューションは、業界最先端の無線ネットワーク用WaveLANTMと実証済みのVoIP(voice-over-Internet Protocol)技術を一つのプラットフォームに統合しています。

Wi-FITM/802.11技術により、ユーザはインターネットにアクセスし、ネットワーク・アクセス・ポイントを介してデータを無線で伝送することができます。またVoIP技術では、IPネットワーク上で音声・データの統合ができるようになり、ネットワークの効率が上がり1通話当たりのコストが低減されます。これら二つの技術を組み合わせて一つのチップセットに統合したアギアのソリューションは、ユーザが企業ネットワーク、個人向けブロードバンド・ネットワーク、そして公共Wi-Fiホットスポット間を自由にローミングできる通信機器をサポートします。

市場調査会社であるIn-Stat MDR社は、世界のVoice over Wireless LAN端末の出荷台数が、2002年の9万台から2007年までに100万台を超えるものと予想しています。

このチップセットは、NTT-MEのUPnPTM(Universal Plug and Play)ソフトウェア開発キットを実装しており、また、NTT-MEは、同社のVoIPサービスや無線LANサービスのインタフェース条件提供や接続性評価を行っております。これにより、メーカーは同チップセットを使用して、NTTグループの個人向けおよび企業向けVoIPブロードバンド・サービスに適用可能な低価格の端末を提供することができます。

NTT-MEのブロードバンドビジネス本部、副本部長、金田哲也氏は次のように述べています。「NTTグループは、個人向けのブロードバンド・サービスとVoIPサービスに対する需要の増加に取り組んでいます。当社と、Wi-FiチップおよびVoIPチップで世界をリードするアギアとが協力することで、ブロードバンド・サービスに依存するようになりつつある数百万もの日本のユーザがより入手しやすい、低価格のワイヤレスIPテレフォニーの製作に貢献することができるでしょう」。

このチップセットは、今日の携帯型移動端末に要求される小型化と低消費電力の両面を満たすよう設計されています。また、現在市販されている無線IP電話の最大通話時間や最大待ち受け時間を大幅に改善するなど、機能上の利点があります。

アギアのVoIPクライアント・チップ事業担当ディレクター、ジェフ・アーノルド(Jeff Arnold)は次のように述べています。「今回のプラットフォームは、個人向けおよび企業向け通信用のワイヤレスVoIP電話に対する需要の増加に取り組もうとされているお客様に対し、アギアが提供する幅広い技術と専門知識を実証するものです。NTTグループにより導入されたブロードバンド・サービスで使用できるソリューションの提供を通じ、当社は、比類ない製品開発力と短期間での商品化というメリットを、端末メーカーにお届けすることができるのです」。

アギアのワイヤレスVoIPソリューションは、以下のコンポーネントから構成されます。
- T8307 SoC(system-on-chip)は、アギアのDSP(digital signal processor)16000と、ARM946E-S®マイクロコントローラおよび高度なI/O機能を統合することにより、VoIP呼制御および音声処理を行います。
- WL60011 802.11b MAC(media access controller)チップは、プログラム可能なホスト・インタフェースに対応し、1MBのオンチップ・メモリと、アギアの802.11b RFチップセットおよびモジュールに対するグルーレス・インタフェースを備えています。同チップはWPA(Wi-Fi Protected Access)の認証を受けており、Wi-Fiで可能な最高レベルのセキュリティを備え、アギアのマルチモード802.11 a/b/gソリューションと共同使用できるため、次世代の高速Wi-Fi技術への移行が可能です。
- WL1141 PHYモジュールは、業界初の802.11b RFベースバンド統合デバイスです。
- CSP2200チップは、高品質オーディオCODEC、パワー・マネージメント・ツール、バッテリー・チャージャ、リンガー・コントロール・ドライバを統合しています。

共同開発するワイヤレスIP電話チップセットのリファレンス・デザインの一部として、アギアは、uClinuxTMオペレーティング・システム用ソフトウェア・ドライバ、SIP(session initiation protocol)スタック、音声圧縮CODEC、そしてサンプルのデモ・アプリケーションも供給します。

* * *

アギア・システムズについて
アギア・システムズは無線データ、高密度ストレージ、マルチサービス・ネットワークのために最先端の集積回路(IC)ソリューションを提供する最大手プロバイダです。アギアの無線データ製品は、無線LANやコンピュータ機器用Wi-Fi/802.11 ソリューションやデータ対応の携帯電話用GPRSの提供を通じて、スムーズなネットワーク・アクセスとインターネット接続を実現しています。当社はハードディスク・ドライブ用集積回路を提供する業界リーダーでもあり、システムLSIソリューション(SoC)やプリアンプの販売において業界第一位の地位を築いています。 アギアでは有線、無線、企業ネットワーク上での情報通信のために、カスタム製品または汎用製品によるマルチサービス・ネットワーク・ソリューションを提供しています。アギアは、大手PCメーカー、無線端末プロバイダ、ネットワーク機器サプライヤ、ハードディスク・ドライブ・プロバイダなどを顧客に有しています。アギア・システムズについて詳しくは、http://www.agere.com または日本語サイトhttp://www.agere.co.jpをご覧ください。


NTT-MEについて
社名 :株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー(略称NTT-ME)
本社所在地 :〒101-8413 東京都千代田区神田神保町1-105
 神保町三井ビルディング
発足年月日 :平成11年4月1日
社員数 :1,000名
株主 :東日本電信電話株式会社(100%)
代表取締役社長 :石川 宏
「もっと、はやく、たしかに ブロードバンドで未来を創るNTT-ME」のキャッチフレーズのもと、技術と品質でお客様に信頼をお届けするネットワーク・システム・インテグレータとして、NTT-MEのトータルソリューションサービス/サポート体制を強化し、「B to B(企業向け)」「BtoBtoC(取引先企業経由一般消費者向け)」を主軸としたビジネス開拓事業を展開しています。

* * *

アギアのセーフハーバーステートメント
このリリースには、発表日時点でアギア・システムズが入手している情報を基にした、将来を見越したリスクや不確実性を伴う記述が含まれていることがあります。アギア・システムズの実績は、リスクや不確実性により、かかる将来を見越した記述により示されまたは暗示される結果と著しく異なることがあります。 これらのリスクや不確実性には、予定されている労働組合との契約交渉における良好な結果、重症急性呼吸器症候群(SARS)など地域的またはグローバル規模の感染症による影響、技術の変化への対応、新製品開発への依存度、価格や製品における競争、生産能力の余力、当社製品およびサービスに対するお客様の需要、一般的な業界や市場の状況、人員削減や他の再編・統合活動の時宜を得た完了、増資に向けた株式発行の機会の制限、主要取引先やサプライヤへの依存が含まれますが、これらに限定されるものではありません。これらの情報、その他リスクや不確実性に関するより詳細な内容についてはアギア・システムズの2002年度(2002年9月30日に終了)年次報告書(Form 10-K)とForm 10-Q(2003年3月31日に終了)の報告書をご参照ください。アギア・システムズは、いかなる新しい情報、出来事、その他の要因があろうとも、将来への見通しに関する記述の変更または更新を行う義務や意向を有するものではありません。


* * *


お問い合わせ先:
株式会社アギア・システムズ
広報担当:永原佐知子
電話(代表):03−5421−1600

株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー
ブロードバンドビジネス本部
ネオモバイル事業カンパニー
吉田 誠史
電話:03-5217-9101


●アギア、アギア・システムズ、アギア・システムズのロゴマーク、WaveLAN はアギア・システムズ・インクの商標です。ARM946E-S はARMリミテッド(ARM Limited)の登録商標です。uClinux は アークタラス・ネットワークス・インク(Arcturus Networks Inc.)の、UPnP は UPnP インプルメンターズ・コーポレーション (UpnP Implementers Corporation) の、Wi-Fi はWi-Fiアライアンスの商標です。


PageUp Back