NTT東日本グループ会社 〈エンジニア〉 2018 RECRUITING SITE

  • マイページ
  • プレエントリー

TSUNAGU DNA

つなぐDNA アクセス系対談

七浦 大安、小松 悠希

現在担当している仕事について教えてください。

  • 小松主に、NTT東日本が提供している電話やインターネット、フレッツテレビが故障したとご連絡があったお客さまのお宅へ駆けつけ、故障修理業務を行っています。また、故障修理のほかにインターネットやパソコンが苦手なお客さまに代わって、メールや無線LANなどの設定を行うこともあります。
  • 七浦私はそのような故障修理業務をおよそ20年携わってきました。部署の中でも故障修理業務においてはベテラン社員になりますね。現在はチームの中心となって業務が円滑に遂行するよう、部署をまとめています。通信技術やサービスは日々新しいものが出てくるため、経歴を積んで行っても覚えることが多く、日々経験や勉強を積み、新技術を積極的に学んでいます。

職場の雰囲気はどのような感じでしょうか?

  • 七浦悪いですよ。というのは全くの冗談です(笑)チームワークを発揮して取り組まないと故障の案件が多い日などは仕事も終わりませんし、そのためコミュニケーションを大切にしていますので、非常に雰囲気のいい職場だと思いますよ。
  • 小松若手は19歳から、ベテランの先輩は65歳までと、幅広い年齢層のスタッフでチームを組んでいます。父や祖父ほど歳が離れていたりする方もいらっしゃいますが、ベテランの先輩さんたちはみんな優しいですね。技術職は技術を受け継いでいかなければ仕事にならない現場。そのため、「○○先輩!」と積極的に声をかけて教えてもらいに行きます。そうすると「この場合はこう、その場合はそうするといいよ」という風に教えてくれる、雰囲気の明るい職場ですね。年代は遠くても距離感は非常に近いと思います。

次世代に伝えていきたい「NTT東日本グループ会社 〈エンジニア〉・プライド」をお聞かせください。

  • 七浦この仕事のいちばんのキーワードは「チーム」だと、私は思っています。私が入社した当初、最先端だった技術を先輩から教わりました。それ以降もどんどん技術は進んでいきますし、進化しつづけていく技術を学びつつ、教わった技術を継承しつづけなければなりません。私が教えきれなかったものは、小松くんたちのような若手世代が次の代に継承していく。そうやって、脈々と「チーム」の中に受け継がれつづけていくもののなかに、NTT東日本グループ会社 〈エンジニア〉の「つなぐDNA」があるんだと思います。
  • 小松すばらしい先輩の言葉だと思います。ぼくたちは先輩から学んだ技術をさらに後輩に伝えていかなければならないし、逆に新しいサービスを覚えるスピードが早く、先輩に進言することもあるかもしれません。そういう意味でチームに“いいサイクル”を伝えていくのが、ぼくたち若手の「NTT東日本グループ会社 〈エンジニア〉・プライド」なのではないかとも思います。NTT東日本グループ会社 〈エンジニア〉では通信を支える使命感ある仕事を行い、多くの社員とチームとなり、お客さまに通信サービスを提供しています。お客さまのため、チームのスタッフのため、行動力とチャレンジ精神をもって働く“次代のNTT東日本グループ会社 〈エンジニア〉”を、ぼくたちは待っています。みなさんと共にチームとなり、通信ネットワークを提供できる日を楽しみにしています!

※掲載している社員の所属部署は撮影当時のものです。