サイバー攻撃の 実態を知ることで セキュリティの 重要性を再認識。

サイバーセキュリティ業務 〈まもる社員①〉 TOMOHITO SAITO

NTT-ME
ネットワークビジネス事業本部 サイバーセキュリティセンタ
齊藤 友人
2017年入社

日本の
通信インフラの
基盤を支える仕事に
魅力を感じて。

東日本大震災で被災した友人から、「ネットがつながらなくて不安だった」と聞いて、通信インフラの重要性を認識。日本の通信インフラの基盤をつくる当社なら、大きなやりがいと達成感を得られると思ったことが、入社のきっかけです。1年目はサイバーセキュリティセンタの「リスク管理担当」として、NTT東日本グループが保有するウェブコンテンツや、それに付随するサーバ、ルータなどの各種機器に脆弱性が存在しないかどうか、脆弱性の有無の診断を行う業務を経験しました。

日々進化するサイバー攻撃に対して
「まもる」体制も進化させる。

現在は「高度化推進担当」として、自社で運営しているサービスのアクセスログ分析や、基盤ネットワークで導入しているセキュリティ関連装置のメンテナンス業務を行っています。サービスに影響を与える可能性のある脆弱性が発見された場合は、速やかに各装置でサービスに影響を与える攻撃を遮断できるようカスタムシグネチャを作成。検証、商用適用まで責任を持って業務に取り組んでいます。

マルチに対応できる
セキュリティ
エンジニアを
目指して。

セキュリティと一言で言っても、アプリケーションやネットワーク、サーバなど、さまざまな分野のセキュリティが存在します。どれか一つを極めて専門家になる道もありますが、マルチに対応できるエンジニアになることが私の目標です。様々な疑似攻撃を駆使することで脆弱性を診断する「攻める担当」と、ウェブサービスやセキュリティ関連装置のメンテナンスを行う「守る担当」。どちらも経験できていることが、今後、セキュリティエンジニアとして成長していくうえで、大きなアドバンテージとなると思います。

MY HOLIDAY

会社帰りに友人とスタジオへ。
楽器演奏でストレス発散。

中学でギターを、高校でドラムを始め、それ以来、音楽にはまっています。友人とスタジオにいって思いっきり演奏すると、ストレス解消になりますね。

TOP