常に新しい技術に 触れられるから ワクワク感が とまらない。

サイバーセキュリティ業務 〈まもる社員②〉 KAKERU KAJIHARA

NTT-ME
ネットワークビジネス事業本部 サイバーセキュリティセンタ
梶原 翔
2017年入社

1年目から仕事の中
で経験を積み
セキュリティ技術を
磨く。

学生時代にセキュアプログラミングの授業を受けたとき、「つくる」より「まもる」方がおもしろいと感じて、セキュリティ分野に興味を持ちました。セキュリティエンジニアの採用が始まったばかりの当社を見つけてすぐに応募。念願のサイバーセキュリティセンタへの配属が決まったときは、うれしかったですね。1年目は「運用担当」として、セキュリティ装置の監視と運用を実施。2年目には、半年間外部企業でOJTを行う機会もあり、セキュリティに関する知識がだんだん深まってきたところです。

攻撃を監視し
よりセキュアな
環境を
つくることが
「運用担当」の役割。

「運用担当」の役割は、強靭なセキュリティ環境を実現すること。セキュリティ機器を用いて危険なサイトからのアクセスを防御したり、インターネットからの攻撃に対してセキュリティ装置を運用する事によって不正侵入の検知や防御を行うことが主な仕事です。また、24時間365日の監視体制により検知した攻撃ログを詳細に調査。その場で攻撃を遮断するだけで済むケースもありますが、大きな被害を受ける可能性がある危険度の高い攻撃に関しては、すぐに報告書にまとめて、関連部署と連携して対応しなければいけません。

自分で考えて
工夫できるから
楽しくて、
やりがいも大きい。

入社1年目に、業務改善を目的とした活動として、手動で作成していた設定ファイルをスクリプトで自動作成できるツールを開発。運用担当の皆さんに使ってもらいました。作業時間が大幅に削減できるだけでなく、手入力によるケアレスミスを防ぐことができると、とても喜ばれています。当社には、若手社員の意見をどんどん受け入れてくれる環境があるので、提案しやすいですし、とてもやりがいを感じます。これからも勉強を続けて技術力を高め、先端を走る、かっこいいエンジニアになりたいですね。

MY HOLIDAY

計画のない小さな旅。
終電に間に合わず帰れなくなることも。

計画を立てずに電車に乗って、適当な駅で降りてフラフラするのが趣味です(笑)。全く知らない土地で見たこともない風景が見るのが楽しいですね。

TOP