back
   

平成15年2月24日

報道発表資料    
   
東海旅客鉄道株式会社
株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー

東海道新幹線(のぞみ)停車駅で
「公衆無線LANインターネット接続」のトライアルを開始

〜国内主要ISP 9社とのローミング実験を実施〜

 

 東海旅客鉄道株式会社(以下JR東海、本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:葛西 敬之)は、株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー(以下NTT-ME、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石川 宏)と共同で、平成15年4月中旬より東海道新幹線のぞみ停車駅における「公衆無線LANインターネット接続」のトライアルを開始いたします。
 本トライアルは、NTT-MEが提供するインターネットサービスプロバイダ(以下ISP)であるWAKWAKの他、グローバルソリューション株式会社、株式会社ドリーム・トレイン・インターネット、日本通信株式会社、日本テレコム株式会社、日本電気株式会社、松下電器産業株式会社、JENS株式会社、KDDI株式会社など国内主要ISP(※)の協力を得て、ローミングの運用検証や課金・決済システムの技術検証等を中心に行います。なお、今後他のISPに対しても参加を呼びかけていきます。
 各ISPのユーザは、現在利用しているログインID、パスワードをそのまま使用して、東海道新幹線のぞみ停車駅で公衆無線LANによるインターネット接続を利用することができます。
 本トライアルは、平成15年4月中旬より7月中旬までは無料提供し、それ以降、平成16年3月末までは有料で提供する予定です。
 無料提供期間は複数のISPによるローミングの運用面における技術検証を行い、有料提供期間は公衆無線LANインターネット接続の商用化に向けたマーケティングデータの取得や各ISPを通じて実施する課金・決済システムの技術面及び運用面の検証を行います。
 なお、本トライアルの全アクセスポイントにおいて、Wi-Fi Allianceの規定する一定の品質・利便性・サービス性を満たしていることを示す国際標準ブランド、"Wi-Fi ZONE" ロゴを掲示します。
※参加ISP名については、後述の2-(5)"募集対象"をご覧ください。

 
1. 背景
   JR東海は、これまで東海道新幹線の駅構内における公衆無線LANインターネット接続の提供について検討を行ってきました。新幹線の駅は、特にビジネスマンを中心に利用が見込める一方、公共性の高い場所であることから、多くの方が如何にして簡単に利用できるかが重要な課題でした。
 JR東海は、この課題を解決する手段として、既に利用しているISPのID・パスワードを変更せずに、無線LANインターネット接続を利用できる「ISPローミング」に着目し、NTT-ME及び国内の主要ISPの協力を得て、本トライアルを行うものです。

   
2. トライアルの概要
 
(1) 実施時期
  ・モニタの募集期間 :平成15年4月中旬より平成16年3月(予定)
・無料トライアル期間:平成15年4月中旬より7月中旬(予定)
・有料トライアル期間:平成15年7月中旬より平成16年3月末(予定)
※ただし参加ISPにより、それぞれの期間が異なる場合があります。
   
(2) 提供エリア
  JR東海道新幹線のぞみの停車駅(計6駅)
a. 平成15年4月中旬より提供予定の場所
  東京駅 :14・15番線ホーム11号車付近待合室
:16・17番線ホーム11号車付近待合室
:18・19番線ホーム11号車付近待合室
:東海道新幹線 南乗換改札内「カフェ・リニ」前
  新大阪駅 :東海道新幹線 3階新幹線ホール内
     
b. 平成15年7月中旬より提供予定の場所
  新横浜駅 :東海道新幹線 改札内待合室
  名古屋駅 :東海道新幹線 北口改札内待合室
:東海道新幹線 南口改札内待合室
  京都駅 :東海道新幹線 新幹線コンコース内
     
c. 平成15年秋より提供予定の場所
  品川駅 :東海道新幹線改札内 待合室・ホーム等
   
(3) トライアル内容
 
a. 平成15年4月より実施予定のアプリケーション
 
インターネット接続
エリアマッチポータル
各提供エリアの駅ごとに、ウェルカムページや時刻表、駅周辺情報などのコンテンツを提供します。
   
b. 平成15年7月より実施予定のアプリケーション
 
VPN利用トライアル(法人モニタが対象)
無線LANアクセスを通じて法人のイントラネットに接続するトライアルで、暗号化によりセキュリティを確保します。
この他、実験的なアプリケーションとして、PDAやノートPCを利用した無線IP電話についても実施を検討しています。
   
   
(4) 料金
 
平成15年7月中旬まで :無料で提供します。
平成15年7月中旬以降 インターネット接続については、一部のISPを除き、有料での提供を予定しています。
料金体系については、「時間あたりの従量料金」、「一日単位の定額料金」「一ヶ月あたりの定額料金」などを検討しています。それぞれの金額やその他アプリケーションの料金等の詳細については未定です。
 
(5) 募集対象
  以下のISPをご利用の方になります。なお今後他のISPに対しても参加を呼びかけていきます。
また、関東、関西圏に事務所がある法人を対象としたモニタの募集も検討しています。
ISP名(アルファベット順) 提供社名
BIGLOBE 日本電気株式会社
b-mobile 日本通信株式会社
DION KDDI株式会社
DTI 株式会社ドリーム・トレイン・インターネット
JENS SpinNet JENS株式会社
ODN 日本テレコム株式会社
Panasonic hi-ho 松下電器産業株式会社
VECCEED グローバルソリューション株式会社
WAKWAK 株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー
   
(6) 募集人数
  約10,000名を予定しています。 法人モニタについては未定です。

   
(7) 募集方法
  現在検討中です。決まり次第、別途各ISPよりご案内します。
   
3. 各社の役割
 
(1) JR東海
  本トライアルの企画、提供エリア、アクセスポイント側設備の提供。
(2) NTT-ME
  バックボーンネットワークの提供、ISPローミングの調整、Wi-Fi ZONEへの登録手続、 商用化に向けたマーケティングデータの取得、決済システムの技術・運用検証、 エリアマッチポータルの提供、VPN利用トライアルの提供。
(3) ISP提供各社
  有料化する場合の課金徴収、問い合わせの一次対応、 商用化に向けたマーケティングデータの取得、決済システムの技術・運用検証。

 
4. その他
 本トライアルでは、東海道新幹線のぞみ停車駅以外のエリアでの利用を実現するため、他の公衆無線LANエリアとのローミングについても検討していきます。
 
 
<本件についてのお問い合わせ先>
株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー
JR東海 東京広報室
糸山・吉兼
TEL:03-3274-9534
 
NTT-ME サービスイノベーション本部
竹下・小野田
TEL: 03-5200- 6736
E-mail:takesita@ntt-me.co.jp
 

Wi-Fi ZONE
 

 無線LANの業界団体、Wi-Fi Alianceの提唱するWi-Fi ZONEは、公衆無線LANサービスのいわば"マル適"マークで、Wi-Fi ZONEに参加している公衆無線LANサービスは、一定の品質を満たすことを保証されます。

 
   

PageUp Back