back
   

平成15年7月23日

報道発表資料    
   
株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー

IEEE802.11g(正式版)準拠 最大54Mbps対応
無線LANアクセスポイント「MN-WAP54g」
無線LANカード「MN-WLC54g」
の販売開始について

 株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー(以下NTT-ME、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石川 宏)は、IEEE802.11g(*1)準拠で最大通信速度54Mbpsの無線LANアクセスポイント「MN-WAP54g」と無線LANカード「MN-WLC54g」を平成15年8月8日(金)より全国で販売開始します。
 「MN-WAP54g」と「MN-WLC54g」は、最大54Mbpsの高速無線LAN通信が可能で、「IEEE802.1xEAP-TLS)」(*2,*3)、「WEP 64/128/152bit」(*4)、「無線ステルス」(*5)、「MACアドレスフィルタリング」(*6)など高度なセキュリティ機能、および「MN-WAP54g」間通信機能などを搭載しています。
 また、IEEE802.11b準拠の無線機器と混在環境での利用も可能です。
※「無線ステルス」、「MACアドレスフィルタリング」は「MN-WAP54g」の機能です。

1.製品概要
  (1)IEEE802.11g(正式版)準拠 最大54Mbps対応
   IEEE802.11gの正式版の規格に準拠し、最大54Mbpsの高速無線LANを利用できます。
 
  ※無線LAN高速化技術「Super G(*7)」のバージョンアップ対応を予定しています。
 
  (2)IEEE802.11b機器との同時利用が可能
   IEEE802.11b準拠の無線機器との同時利用が可能です。
 
  (3)高度なセキュリティ機能
   「IEEE802.1x(EAP-TLS)」、「WEP 64/128/152bit」、「無線ステルス(SSID非通知/ANY接続拒否)」、「MACアドレスフィルタリング」などの機能により強固なセキュリティ環境を実現します。
 
  WPA(*8)[IEEE802.1x(EAP-TLS),TKIP(*9),AES(*10)]のバージョンアップ対応を予定しています。
 
  (4)アクセスポイント間通信に対応
   1対1、または複数台のアクセスポイント間通信が可能です。
 
  無線リピータ機能(*11)のバージョンアップ対応を予定しています。
 
  (5)ローミング機能
   電波状況に応じて接続するアクセスポイントを自動的に切り替えるので、複数のアクセスポイント間を移動した場合でも接続を切ることなく通信が可能です。
 
2.販売開始時期
  平成15年8月8日(金)
 
3.販売価格
 
「MN-WAP54g」標準価格 19,800円(税別)
「MN-WLC54g」標準価格 9,800円(税別)
「MN-WAP54g無線LANカードセット」標準価格 28,800円(税別)
(「MN-WAP54g」、「MN-WLC54g」各1台のセット)
 
4.販売方法
  全国量販店およびパソコンショップ等の販売代理店で販売します。
NTT-ME、NTT-MEグループ各社ならびにNTTネオメイトグループ各社で販売します。

 【お客様からのお問い合わせ先】
MNインフォメーションセンタ
電話:0120-128064(フリーダイヤル)[土・日・祝日を除く9:30〜12:00 13:00〜17:00]
FAX:0120-128194(フリーダイヤル)
 
5.販売目標
  MN-WAP54g .....3万台
MN-WLC54g .....3万枚
 
6.パッケージ内容
 
<MN-WAP54g>
MN-WAP54g 本体×1台
LANケーブル×1本
専用ACアダプタ×1個
マニュアル×1冊
2.4GHz帯使用時の注意書きラベル×1枚
保証書×1部
 
<MN-WLC54g>
MN-WLC54g 本体×1枚
CD-ROM×1枚
(ドライバ、設定ユーティリティ、マニュアルなどを同梱) 
お使いになる前に×1枚
「MN-WAP54g」といっしょに使う×1枚
2.4GHz帯使用時の注意書きラベル×1枚
保証書×1部
 
7.製品紹介ホームページ
  以下URLで「MN-WAP54g」、「MN-WLC54g」に関する最新情報をお知らせしていきます。
 http://www.ntt-me.co.jp/mn/
 
8.製品仕様
  別紙1,2をご参照ください。
 
 
 
<本件についてのお問い合わせ先>
MNインフォメーションセンタ
電話:0120-128064(フリーダイヤル)
[土・日・祝日を除く9:30〜12:00 13:00〜17:00]
FAX:0120-128194(フリーダイヤル)
別紙1へ
別紙2へ
画像へ

 


*1 「IEEE802.11g」:
   2.4GHz帯を使用した無線LANの規格で、最大54Mbpsの通信速度に対応し、IEEE802.11bとの互換性があります。変調方式にはOFDM(直交周波数分割多重)方式およびDSSS(直接スペクトラム拡散)方式を採用しています。
back
 
*2 「IEEE802.1x」:
   ユーザー認証をベースとしたアクセス制御方式です。無線LANに利用した場合は、サーバ・クライアント相互認証や暗号化鍵を動的に生成させることもでき、より高度なセキュリティを確保できます。
back
*3  「EAP-TLS」:
   EAP-TLS(Extensible Authentication Protocol-Transport Layer Security)は、デジタル証明書を使ってサーバ・クライアント間で相互認証を行なう認証方式です。
back
 
*4 「WEP 64/128/152bit」:
   WEP(Wired Equivalent Privacy)は、IEEE(電気電子学会)で定められた、標準暗号化方式です。「MN-WAP54g」と「MN-WLC54g」は、64/128/152bitの暗号鍵長に対応しています。
back
*5 「無線ステルス」:
   他の無線クライアントにSSIDを検出されるのを防ぐ機能です。また、SSIDに“空白“や”any“を設定している無線クライアントからのアクセスを拒否することができます。これにより、不正アクセスを防止することが可能です。
back
 
*6 「MACアドレスフィルタリング」:
   MACアドレス(無線LANカードに固有のID番号)が登録されている無線LAN端末にのみ、「MN-WAP54g」へのアクセス権を与える機能です。
back
*7 「Super G」:
   米アセロス・コミュニケーションズ社の開発した、無線LANのスループットを向上させる技術で、実効スループット40Mbps超(※)を実現します。
※実効スループットはご利用の環境によって異なります。
back
 
*8 「WPA」:
   WPA(Wi-Fi Protected Access)は、Wi-Fi Allianceが提唱する認証と暗号化を合わせたセキュリティ規格です。
back
*9 「TKIP」:
   TKIP(Temporary Key Integrity Protocol)は、WEPが持つセキュリティの脆弱性をカバーする為に、WEPを新しいアルゴリズムによって改良した暗号化方式です。
back
 
*10 「AES」:
   AES(Advanced Encryption Standard)は、米国商務省標準技術局(NIST)によって選定された次世代の標準と言われる暗号化方式です。
back
*11 「無線リピータ機能」:
   それぞれに無線クライアントがつながっている「MN-WAP54g」でアクセスポイント間通信を行なう機能です。
back
 
※「Super G」は、Atheros Communications, Inc.の商標です。

PageUp Back