back
   

平成15年7月24日

報道発表資料    
   
株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー

コンパクトサイズ
高速ブロードバンドルータ 「BA6000」の販売開始について

 株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー(以下NTT-ME、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石川 宏)は、BAシリーズ(*1)のニューラインナップとして、コンパクトサイズ高速ブロードバンドルータ「BA6000」を追加して平成15年8月8日(金)より全国で販売開始します。
 「BA6000」は、スループット最大98Mbpsの高いデータ転送能力を持ち、Bフレッツ(*2)やフレッツ・ADSL(モアU/モア24/モア/8Mbps/1.5Mbps)(*3)などのブロードバンド環境に対応しています。また、「ステートフル・パケット・インスペクション(SPI)(*4)」、「アクセスコントロール(*5)」、「URLブロック(*6)」、「不正アクセス検知(*7)」、「ステルスモード(*8)」、「MACアドレスフィルタ(*9)」などの充実したセキュリティ機能、その他「UPnPTM(*10)」、「ダイナミックDNS(*11)サービス対応」、「VPN(PPTP、IPsec)(*12)パススルー」などの機能を搭載しています。

1.製品概要
  (1)光アクセスサービスにも対応可能な高速ルータ
   スループットは最大98Mbps(FTP測定:93Mbps、PPPoE測定:70Mbps)。Bフレッツ、フレッツ・ADSL(モアU/モア24/モア/8Mbps/1.5Mbps)などのブロードバンドサービスで快適な通信環境を実現できます。
 
  (2)充実したセキュリティ機能
   「ステートフル・パケット・インスペクション(SPI)」、「アクセスコントロール(スケジュール管理、プロトコル、ポート)」、「URLブロック」、「不正アクセス検知(異常パケット遮断、メール通知)」、「ステルスモード」、「MACアドレスフィルタ」などの充実したセキュリティ機能を搭載しています。
 
  (3)Universal Plug and Play(UPnPTM)対応
   UPnPTMに対応し、Windows Messenger(*13)、MSN Messenger(*14)のビデオチャットやアプリケーション共有などの機能を、LANポートに接続した複数台のパソコンから同時に利用できます。
 
  (4)ダイナミックDNSサービス対応
   ダイナミックDNSサービスに対応しています。固定のグローバルIPアドレスを持っていない場合でも、公開したサーバに自分専用のドメイン(ホスト名)を使って外部からアクセスすることができます。
  ※対応するダイナミックDNSサービスは「DynDNS.org」です。
  DynDNS.org:http://www.dyndns.org/
 
  (5)VPN(PPTP、IPsec)パススルー機能
   VPNパススルー機能を搭載し、PPTP、IPsecを利用したVPN環境を構築できます。
 
2.販売開始時期
  平成15年8月8日(金)
 
3.販売価格
  標準価格 オープンプライス
(参考価格:6,980円)
 
4.販売方法
  全国量販店およびパソコンショップ等の販売代理店で販売します。
NTT-ME、NTT-MEグループ各社ならびにNTTネオメイトグループ各社で販売します。

 【お客様からのお問い合わせ先】
BAインフォメーションセンタ
電話:0120-128064(フリーダイヤル)[土・日・祝日を除く9:30〜12:00 13:00〜17:00]
FAX:0120-128194(フリーダイヤル)
 
5.販売目標
  5万台
 
6.パッケージ内容
 
BA6000本体×1台
LAN(カテゴリ5)ケーブル(1m)×1本
専用ACアダプタ×1個
ゴム足×4個
はじめにお読みください×1部
インターネット接続ガイド×1部
CD-ROM(詳細マニュアルなど)×1枚
保証書×1部
 
7.製品紹介ホームページ
  以下URLで「BA6000」に関する最新情報をお知らせしていきます。
 http://www.ntt-me.co.jp/bar/
 
8.製品仕様
  別紙をご参照ください。
 
 
 
<本件についてのお問い合わせ先>
BAインフォメーションセンタ
電話:0120-128064(フリーダイヤル)
[土・日・祝日を除く9:30〜12:00 13:00〜17:00]
FAX:0120-128194(フリーダイヤル)
別紙へ
画像へ

 


*1 BAシリーズ:
   NTT-MEが平成12年11月より販売を開始した、ADSL等の広帯域インターネット常時接続サービスの利用ユーザ向けネットワーク機器です。ADSL/CATVインターネット用モデム、光回線終端装置と接続して使用し、複数のパソコンからの同時インターネット接続や、インターネット経由の不正アクセス防止等の機能を持つ、低価格のルータです。「BA512」、「BA512R」、「BA5000 SOHO」、「BA5000 Pro」、「BA8000 Pro」を販売しています。
 URL:http://www.ntt-me.co.jp/bar/
back
 
*2Bフレッツ:
   NTT東日本・NTT西日本が提供している、光ファイバを使用した高速常時インターネット接続サービスです。詳しくは以下URLを参照してください。
NTT東日本:http://flets.com/
NTT西日本:http://www.ntt-west.co.jp/flets/
back
*3 フレッツ・ADSL(モアU/モア24/モア/8Mbps/1.5Mbps):
   NTT東日本・NTT西日本が提供している、ADSL回線を使用した高速常時インターネット接続サービスです。詳しくは以下URLを参照してください。
 NTT東日本:http://flets.com/
 NTT西日本:http://www.ntt-west.co.jp/flets/
back
 
*4 ステートフル・パケット・インスペクション(SPI):
   送出パケットの情報から戻りパケットを予測して、パケットの通過や破棄を決定する動的なパケットフィルタリング方式です。
back
*5 アクセスコントロール:
   LAN側ネットワークからWAN側ネットワークへ通過しようとするパケットに制限をかける機能です。BA6000では、送信元IPアドレス、プロトコル、送信先ポート、送信先URLを条件として制限をかけることができます。また、設定したアクセスコントロールが有効となる時間帯(スケジュール)を指定することもできます。
back
 
*6 URLブロック:
   送信先のURLを指定することで、特定のサイトを利用できないようにする機能です。
back
*7 不正アクセス検知:
   WAN側から不要なパケットの大量送信によるシステムの停止を目的とした攻撃(DoS(Denial of Service))を検知してパケットを破棄します。
back
 
*8 ステルスモード:
   WAN側IPアドレスに対するping(icmp echo request)や不明なtcp/udpパケットを無視します。これにより、BA6000の存在をWAN側ネットワークから隠し、攻撃対象から逃れる可能性を高めます。
back
*9 MACアドレスフィルタ:
   MACアドレスは、各イーサネットLANカードに固有のID番号です。BA6000は、登録されたMACアドレスが送信元のパケットを破棄することにより、特定の端末がインターネットを利用できないようにすることができます。
back
 
*10 UPnPTM
   Universal Plug and Play(UPnPTM)は、TCP/IPベースでネットワークデバイスの自動検出や情報交換などを行う技術です。UPnPに対応するネットワークアプリケーションには、Windows MessengerやMSN Messengerがあります。UPnP Forumによって仕様が策定されています。
back
*11 ダイナミックDNS:
   グローバルIPアドレスの変更をDNSサーバに通知してデータベースを変更するサービスです。固定グローバルIPアドレスを持たなくてもホスト名でサーバを公開することが可能になります。
back
*12 VPN(PPTP、IPsec):
   VPN(Virtual Private Network)は、遠隔地にある2つのネットワーク間を仮想的な経路で結び、仮想プライベートネットワークとして利用することを指します。BA6000は、PPTP、IPSecの2つの方法で、VPNを構築する際のパケットを透過するVPNパススルー機能を搭載しています。
back
*13 Windows Messenger:
   マイクロソフトが提供するWindows XP標準搭載のソフトウェアで、ビデオチャット、音声チャット、ファイル共有などの機能が利用可能です。
back
*14 MSN Messenger:
   マイクロソフトがWindows XP、Windows Me、Windows 2000などのOS向け提供するソフトウェアで、ビデオチャット、音声チャット、ファイル共有などの機能が利用可能です。
back

PageUp Back