back
   

平成15年8月6日

報道発表資料    
   
株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー

超高速ブロードバンドルータ
「MN8300」の販売開始について

 株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー(以下NTT-ME、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石川 宏)は、超高速ブロードバンドルータ「MN8300」を平成15年8月23日(土)より全国で販売開始します。
 「MN8300」は、スループット最大100Mbpsワイヤード・スピードのデータ転送能力を持ち、Bフレッツ(*1)やフレッツ・ADSL(モアU/モア24/モア/8Mbps/1.5Mbps)(*2)などのブロードバンド環境に対応しています。また、「DMZ(*3)ポート搭載」、「PPPoEマルチセッション(*4)」、「UPnPマルチセッション(*5) 」、「複数固定グローバルIPアドレス(LAN型接続)対応(*6)」、「GapNAT(*7)」、「ダイナミックDNS(*8)サービス対応」、「VPN(PPTPマルチ、IPsec、L2TP)(*9)パススルー」などの機能、その他「ステートフル・パケット・インスペクション(SPI)(*10)」、「アクセス制限(*11)」、「ワンタッチフィルタ(*12)」、「ワンタッチNAT(*13)」、「ステルスモード(*14)」などの充実したセキュリティ機能を搭載し、WWWブラウザを利用した「おまかせ設定」で簡単にセットアップできる、 低価格かつ省スペースモデルの超高速ブロードバンドルータです。

1.製品概要
  (1)光アクセスサービス対応の超高速ブロードバンドルータ
   高速なCPUであるインテル®IXP422 ネットワーク・プロセッサを搭載し、スループットは最大100Mbps(FTP測定:99Mbps、PPPoE測定:99Mbps)(*)で快適な通信環境を実現できます。Bフレッツ、フレッツ・ADSL(モアU/モア24/モア/8Mbps/1.5Mbps)などのブロードバンドサービスに対応しています。
* オーバーヘッド分含む
 
  (2)PPPoEマルチセッション機能対応
   異なる複数のPPPoEセッションを最大8セッション同時に接続することができます。これによりPPPoEメインセッションでプロバイダ、PPPoEサブセッションでフレッツ・スクウェア(*15)、フレッツ・コネクト(*16)(*)、フレッツ・グループアクセス(*17)、BROBA(*18)などとの同時利用が可能となります。また、ホスト名、IPアドレス、プロトコル、送信先ポート番号をもとに自動的に接続先PPPoEセッションを切り替えることが可能です。同時に接続できるセッション数は最大8セッションです。
フレッツ・コネクトは、「PPPoEマルチセッション機能」と「UPnPマルチセッション機能」を利用して接続します。
 
  (3)UPnPマルチセッション機能対応
   UPnP Forum Internet Gateway Device v1.0(*19)に準拠し、Windows Messenger(*20)(Version4.7以降)、MSN Messenger(*21)(Version5.0以降)を「MN8300」のLANポートに接続した複数台のパソコンから同時に利用できます。
また、「MN8300」はPPPoEメインセッションだけでなく、PPPoEサブセッションでもUPnP対応アプリケーションソフトウェア(*)を利用することが可能です。同時に接続できるセッション数は最大8セッションです。
UPnPマルチセッション対応アプリケーションソフトウェアには、フレッツ・コネクトの「UPnP対応用ユーティリティソフトウェア」があります。
 
  (4)GapNAT機能対応
   NAT(*22)機能を利用しているのにも関わらず、「MN8300」のLANポートに接続したパソコンに直接グローバルIPアドレスを割り当てたのと同じ環境を簡単に構築できるGapNAT(Global Address Proxy with NAT)機能に対応しています。これにより、DMZの構築、ネットワークゲームの利用、グローバルIPアドレス端末とプライベートIPアドレス端末の混在ネットワーク環境の構築が可能となります。また、複数グローバルIPアドレスを利用する場合にも同様の使い勝手を実現する「マルチGapNAT機能」も搭載しています。
 
  (5)DMZポート搭載
   LAN4ポートをDMZポートとして利用できます。GapNAT・マルチGapNAT利用時にグローバルIPアドレスの割り当てられるセグメントをDMZポートに固定することでDMZポートとLANポート間を切り離し、外部からの接続をすべてDMZポートに転送します。これにより高いセキュリティを確保したネットワーク構築が可能です。
 
  (6)PPPoEブリッジ機能
   「MN8300」をPPPoEルータとして動作している状態で、「MN8300」のLANポートに接続したパソコン上でPPPoEクライアントソフトウェア(*23)を利用することが可能です。
 
  (7)複数固定グローバルIPアドレス(LAN型接続)対応
   複数のグローバルIPアドレスを取得してLAN型で利用する接続形態に対応します。また、ネットワーク側にIPアドレスを付与しないunnumbered(*24)の接続形態にも対応します。
 
  (8)充実したセキュリティ機能
   「ステートフル・パケット・インスペクション(SPI)」、「アクセス制限」、「ワンタッチフィルタ」、「ワンタッチNAT」、「ステルスモード」などの充実したセキュリティ機能を搭載しています。
 
  (9)ダイナミックDNSサービス対応
   ダイナミックDNSサービスに対応しています。固定のグローバルIPアドレスを持っていない場合でも、公開したサーバに自分専用のドメイン(ホスト名)を使って外部からアクセスすることができます。
 ※対応するダイナミックDNSサービスは以下の通りです。
 ・DynDNS.orghttp://www.dyndns.org/
 ・Dynamic DO!.jphttp://ddo.jp/
 ・MyDNS.JPhttp://www.mydns.jp/
 ・miniDNS.nethttp://www.minidns.net/
 
  (10)VPN(PPTPマルチ、IPsec、L2TP)パススルー機能
   VPNパススルー機能を搭載し、PPTP、IPsec、L2TPを利用したVPN環境を構築できます。また、複数のPPTPセッション同時にパススルーが可能な「PPTPマルチパススルー機能」に対応しています。
 
  (11)フレッツ・スクウェア設定プリセット
   NTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ・スクウェア」にPPPoEサブセッション経由で接続し、インターネットと同時に「フレッツ・スクウェア」のさまざまなコンテンツを利用することが可能です。また、NTT東日本・NTT西日本それぞれの「フレッツ・スクウェア」に接続するための設定がプリセットされ、「おまかせ設定」ページでNTT東日本・NTT西日本のどちらかを選択するだけで簡単に設定することが可能です。
 
  (12)フレッツ・コネクト対応
   NTT東日本が提供するIPテレビ電話サービス「フレッツ・コネクト」にPPPoEサブセッション経由で接続し、インターネットと同時に高品質なテレビ電話を利用することが可能です。
 
  (13)フレッツ・グループアクセス対応
   NTT東日本が提供するIP-VPNサービス「フレッツ・グループアクセス」にPPPoE   サブセッション経由で接続し、インターネットと同時にプライベートネットワークの構築が可能です。
 
  (14)BROBA対応
   NTT-BBが提供する「BROBA」にPPPoEサブセッション経由で接続し、インターネットと同時にさまざまな高品質コンテンツや映像コミュニケーションを利用することが可能です。
 
  (15)XboxTM(*25)対応
   XboxTMを「MN8300」のLANポートに接続して、マイクロソフトの提供するオンラインネットワークサービスXboxLiveTM(*26)が利用できます。
 
  (16)「おまかせ設定」で簡単セットアップ能
   設定は、WWWブラウザの設定画面に入力するだけで簡単にセットアップできます。「ユーザID」、「パスワード」、「フレッツ・スクウェア使用の有無」などを入力するだけでプリセットされた設定内容が自動的に設定される「おまかせ設定」と、機能ごとに詳細な設定が可能な「詳細設定」の2つの設定モードで設定が可能です。
 
2.販売開始時期
  平成15年8月23日(土)
 
3.販売価格
  標準価格 19,800円(税別)
 
4.販売目標
  5万台
 
5.パッケージ内容
 
MN8300本体×1台
縦置きスタンド×1個
専用ACアダプタ×1個
LAN(カテゴリ5)ケーブル(2m)×1本
インターネット接続ガイド×1部
マニュアル×1冊
保証書×1部
 
6.製品紹介ホームページ
  以下URLで「MN8300」に関する最新情報をお知らせしていきます。
 http://www.ntt-me.co.jp/mn/
 
7.製品仕様
  別紙をご参照ください。
 
 
 
<本件についてのお問い合わせ先>
MNインフォメーションセンタ
電話:0120-128064(フリーダイヤル)
[土・日・祝日を除く9:30〜12:00 13:00〜17:00]
FAX:0120-128194(フリーダイヤル)
別紙1へ
別紙2へ
画像へ

 


*1Bフレッツ:
   NTT東日本・NTT西日本が提供している、光ファイバを使用した高速常時インターネット接続サービスです。詳しくは以下URLを参照してください。
NTT東日本:http://flets.com/
NTT西日本:http://www.ntt-west.co.jp/flets/
back
*2 フレッツ・ADSL(モアU/モア24/モア/8Mbps/1.5Mbps):
   NTT東日本・NTT西日本が提供している、ADSL回線を使用した高速常時インターネット接続サービスです。詳しくは以下URLを参照してください。
NTT東日本:http://flets.com/
NTT西日本:http://www.ntt-west.co.jp/flets/
back
*3 DMZ:
   DMZ(De-Militarized Zone)を利用すると、WAN側からLAN側へ送られた宛先不明のパケットを、DMZで設定した特定のIPアドレスへ転送することができます。
back
*4 PPPoEマルチセッション:
   複数のPPPoEセッションを同時に接続する技術です。
back
*5 UPnPマルチセッション:
   1つ目のPPPoEセッション(メインセッション)だけでなく、2つ目以降のPPPoEセッション(サブセッション)でもUPnP対応アプリケーションが利用可能となる機能です。UPnPマルチセッション対応アプリケーションにはフレッツ・コネクトの「UPnP対応用ユーティリティソフトウェア」があります。
back
*6 複数固定グローバルIPアドレス(LAN型接続)対応:
   複数のグローバルIPアドレスを使用してLAN型でインターネットに接続する方法です。
back
*7 GapNAT:
   GapNAT(Global Address Proxy with NAT)機能は、プロバイダから取得したグローバルIPアドレスを「MN8300」のLANポートに接続した端末に直接割り当てたのと同じ環境を実現し、DMZの構築、ネットワークゲームの利用、グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの混在ネットワーク環境などを実現する機能です。
back
*8 ダイナミックDNS:
   グローバルIPアドレスの変更をDNSサーバに通知してデータベースを変更するサービスです。固定グローバルIPアドレスを持たなくてもホスト名でサーバを公開することが可能になります。
back
*9 VPN(PPTPマルチ、IPsec、L2TP):
   VPN(Virtual Private Network)は、遠隔地にある2つのネットワーク間を仮想的な経路で結び、仮想プライベートネットワークとして利用することを指します。MN8300は、PPTP、IPSec、L2TPの3つの方法で、VPNを構築する際のパケットを透過するVPNパススルー機能を搭載しています。
back
*10 ステートフル・パケット・インスペクション(SPI):
   送出パケットの情報から戻りパケットを予測して、パケットの通過や破棄を決定する動的なパケットフィルタリング方式です。
back
*11 アクセス制限:
   WAN側、LAN側それぞれの方向からMN8300本体のIPアドレスへのアクセスを制限するセキュリティ機能の1つです。
back
*12 ワンタッチフィルタ:
   よくあるフィルタ条件をワンタッチで設定できる機能。
back
*13 ワンタッチNAT:
   よく使われるNAT条件をワンタッチで設定できる機能。
back
*14 ステルスモード:
   WAN側IPアドレスに対するping(icmp echo request)やポートスキャンに応答しないように設定できます。これにより、「MN8300」の存在をWAN側ネットワークから隠し、攻撃対象から逃れる可能性を高めます。
back
*15 フレッツ・スクウェア:
   NTT東日本・NTT西日本の提供するフレッツ・アクセスサービス(Bフレッツ、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN)(*)ご利用のお客さま専用サイトで、さまざまなコンテンツを利用できます。
NTT東日本エリア:http://flets.com/square/
NTT西日本エリア:http://www.ntt-west.co.jp/flets/
*MN8300の場合は、Bフレッツ、フレッツ・ADSLをご利用のお客様が対象となります
back
*16 フレッツ・コネクト:
   NTT東日本がフレッツ・アクセスサービス(Bフレッツ、フレッツ・ADSL)をご利用のお客さま向けに提供する付加サービスでユーザ間の高品質なIPテレビ電話コミュニケーションが可能です。
http://flets.com/connect/
back
*17 フレッツ・グループアクセス:
   NTT東日本がフレッツ・アクセスサービス(Bフレッツ、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN)ご利用のお客さま向けに提供する付加サービスでプライベートネットワークの構築が可能です。
http://flets.com/groupaccess/
*MN8300の場合は、Bフレッツ、フレッツ・ADSLをご利用のお客様が対象となります。
back
*18 BROBA:
   NTT-BBが提供するサービスで、高品質コンテンツや映像コミュニケーションを利用することが可能です。
http://www.broba.cc/
back
*19 UPnP Forum Internet Gateway Device v1.0:
   UPnPフォーラムで規定するインターネットゲートウェイ(ルータなど)向け仕様。
back
 
*20 Windows Messenger:
   マイクロソフトが提供するWindows XP標準搭載のソフトウェアで、ビデオチャット、音声チャット、ファイル共有などの機能が利用可能です。
back
*21 MSN Messenger:
   マイクロソフトがWindows XP、Windows Me、Windows 2000などのOS向け提供するソフトウェアで、ビデオチャット、音声チャット、ファイル共有などの機能が利用可能です。
back
*22 NAT:
   NAT(Network Address Translation)は、グローバルIPアドレスとローカルIPアドレスを変換する仕組みです。
back
*23 PPPoEクライアントソフトウェア:
   パソコン上からPPPoEを利用して通信するためのソフトウェアで、Windows XPに標準搭載されている「広帯域(PPPoE)接続ツール」や、NTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ接続ツール」などがあります。
back
*24 unnumbered:
   ネットワーク側にIPアドレスを付与しないで通信する方式です。グローバルIPアドレスを節約するために、最近よく利用されている方式です。
back
*25 XboxTM
   マイクロソフトが発売するネットワーク対応家庭用ゲーム機です。
XboxTMに関して詳しくは以下URLを参照してください。
http://Xbox.jp
back
*26 XboxLiveTM
   XboxLiveTMはブロードバンド専用に設計されたオンラインゲーミングサービスで、ブロードバンドネットワークを介して、時間や空間を越えた対戦プレイや協力プレイを楽しむことができます。
XboxLiveTMに関して詳しくは以下URLを参照してください。
http://Xbox.jp/Live/
back
 
インテルは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporationまたはその子会社の登録商標です。
 

PageUp Back