back
   

平成15年9月26日

お知らせ    
   
株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー

高度なIP音声&映像対応負荷試験ツール
「ProLabテストマネージャ」新バージョン(Ver.2.2)の販売開始について

 株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー(以下NTT-ME、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石川 宏)は、海外の優れたマルチメディア製品を提供する「ME Global WAVE」(*1)の一環として、IPベースのマルチメディア通信ソリューションで世界的なシェアを持つ、ラドビジョン・インク(以下RADVISION、本社:イスラエル、CEO:ガディタマリ)(*2)がこのたび開発した、「ProLabテストマネージャ」新バージョン(Ver.2.2)を9月26日(金)より販売開始します。

「ProLabテストマネージャ Ver.2.2」の主な新機能には、ヘッダ・メッセージシミュレーション、Mercury TestDirectorとのシームレスなインテグレーション、マルチIPアドレスのシミュレーション、SIPプレゼンス機能の試験機能及びH.235 Ver.2の完全サポートがあります。そして、いかなるH.323またはSIPネットワーク機器をもシミュレートしライブネットワーク環境を再現することにより、充実した統計及びレポート機能を提供し、製品開発試験を効率的に行う支援をします。

 
1.背景
 昨今様々なIPテレフォニ機器が開発され、市場に導入されています。標準に準拠した、安定性の高いIPテレフォニ機器を短期間で開発するためには、出荷前の十分な試験が欠かせません。NTT-MEは、製品の市場投入までの期間短縮、R&D(研究開発)コストの大幅削減、実用環境のシミュレーション試験に要するコストの大幅削減を実現したいというお客様の声にお応えして、平成13年12月よりRADVISIONの「ProLabテストマネージャ」をご提供して参りました。
 「ProLabテストマネージャ」は標準Windows2000、XPを搭載したPC上で動作し、SIPエージェント(*3)、H.323エージェント(*4)、ゲートキーパ(*5)、SIPサーバ又はレジストラサーバ(*6)をシミュレートすることができ、かつ高度なコールジェネレータ(*7)としても機能するという業界でもユニークな試験ツールです。このプラットフォームを使用することで、呼及びシグナリングの生成から、RTPアナライザモジュール(*8)を使ったネットワークでのパケットロス、パケット重複や遅延のシミュレーションまで、開発者の方々は様々な音声及び映像オーバーIPの機能を試験することが可能です。マニュアルまたは自動で起動できる試験内容には、性能試験、ストレス・負荷試験、機能試験及び相互接続試験があります。
 RADVISION社の長年に渡るプロトコルツールキット開発・販売の実績に基づき開発された「ProLabテストマネージャ」は、IP-PBX、IPフォン(H.323またはSIPベース)、デスクトップエンドポイント(*9)、ソフトスイッチ、SIPユーザエージェント、プロキシサーバ、リダイレクトサーバ(*10)、テレビ会議システム、ゲートキーパ、コールセンタ等様々なIP機器・システム開発時に最適な開発ツールです。
 
2.主要新機能の概要
(1)SIPヘッダ及びメッセージのシミュレーション

「ProLabテストマネージャ」の新しいヘッダ及びメッセージ生成機能は、ユーザ独自のSIPメッセージについても試験をすることができます。ProLabにより生成された標準のSIPメッセージに対してユーザが独自のヘッダ及びメソッドを付加し、被試験機に対して発信することも可能です。

(2) Mercury Interactive TestDirector™とのインタフェース

Mercury Interactive TestDirectorは世界的なテスト管理ソリューションで、テストの要求事項の特定、テストのプラニング、実行、欠陥のトラッキングを含むテストプロセスの全てのフェーズの管理を行います。「ProLabテストマネージャ ver.2.2」 はTestDirectorのオープンなテストアーキテクチャとインテグレ−ト済みであり、ユーザは遠隔から複数のホストに対して自動化された試験を実施しTestDirector環境の中でそのテスト結果を分析することができます。ユーザTestDirectorを用いてテストの要求事項を定義し、テストプランを作成することもできます。そのテストプランはProLabシステムが自動的に実施します。

(3)高度なIPトラフィックテスト(SIP)

「ProLabテストマネージャ ver.2.2」 では、ユーザは1つのProLabテストエージェント内で、複数の別IPアドレスのUAC(ユーザエージェントクライアント)がレジストラサーバへ登録し、ユーザエージェントへ呼を発呼する、又はプレゼンスサーバへサブスクライブの要求を出す、という状況をシミュレートすることができます。IPはバーチャルであるため複数のネットワークカードは不要であり、ProLabはSIPテストエージェント1台あたり200*の異なるIPエンドポイントをシミュレートすることができます(*RTPを用いた試験を行う場合はSIPテストエージェント1台あたり100の異なるIPエンドポイントのシミュレーションが可能です)。

(4) SIPプレゼンスの試験

SIPプレゼンスは、呼を発呼する前に相手がその呼を受けられるかどうかを確認することを可能とします。「ProLabテストマネージャ ver.2.2」 ではプレゼンスネットワーク全体をシミュレートすることができます。機能としては数千ものエンドポイントに対してのイベント通知の送信、SIPサーバへの通知及び変更、及びユーザプレゼンスステータスの変更及びそのトラッキングが含まれます。

(5) H.323及びSIP用「ProLabテストマネージャ」

ProLabは非常に拡張性の高い、機能の豊富な試験環境であり、あらゆる音声及び映像オーバーIP機器の異なる開発サイクルにおける試験に適しています。「ProLabテストマネージャ」には下記のモジュールがあります。
ProLab Test Manager for controlling ProLab Test Agents and scripts

- ProLab SIP テストエージェント:SIPユーザエージェントのシミュレーション
- ProLab SIP サーバエージェント:完全なSIPプロキシ、レジストラ、リダイレクトサーバのシミュレーション
- ProLab H.323 テストエージェント:H.323エンドポイントのシミュレーション
- ProLab ゲートキーパエージェント:完全なH.323ゲートキーパシミュレーション
- ProLab テストスケジュラ−:テストシナリオのスケジュリング
- ProLab RTP アナライザ:RTPトラフィックのモニタリング及びシミュレーション
(6)その他、今回の製品に追加された高度なテスト機能
テストスケジュラー: 400以上スクリプトが予め用意されており、新しい機能やメッセージを試験するためのスクリプトの作成もドラッグ&ドロップで容易に可能。自動試験機能もあります。
SIP サーバ SIPフォンやSIPゲートウェイ開発の際に便利な、SIPサーバを完全にシミュレートするモジュール。
H.323・SIPテストエージェント: 新しいRFC2833標準準拠のDTMF(*11)をRTP経由で送信する手法についても試験が可能。
RTPアナライザ: パケットロス、パケット遅延、パケット重複、パケットオーダリングをシミュレートしたRTPトラフィックの生成が可能。
最新プロトコル準拠: 最新のSIP及びH.323プロトコルに対応。開発製品が標準に完全準拠していることを確認するための正確なテストプラットフォームとしてご利用いただけます。
高度なレポート機能: 直感的に理解できるレポート表示及びエクスポート可能な情報ファイル両方へのアウトプットが可能です。その他にもメッセージトレーシング、完全なテスト統計及びエラー情報を呼毎にレポートできます。
 
3.想定される利用ユーザ
 IP-PBX、IPフォン(H.323またはSIPベース)、デスクトップエンドポイント、ソフトスイッチ、SIPユーザエージェント、プロキシサーバ、リダイレクトサーバ、テレビ会議システム、ゲートキーパ、コールセンタ等様々なIP機器・システム開発を行っている、又は検討されているメーカー。
 
4.提供価格
 450万円〜 (選択モジュールにより異なりますのでお問い合わせください)
 
5. 提供エリア
 全国
 
6. 提供開始時期
 平成15年9月26日(金)
 
 
<本件に関するお問い合わせ先>
NTT-ME グローバルソリューション本部
ユビキタス・コミュニケーション・システム(UCS)カンパニー
担当:宗里 竜美、清野 美智
栗木 美穂、中出 正範
電話:03-5956-9052
FAX: 03-5956-9058
Eメール:ip-protocol@ntt-me.co.jp
「ME Global WAVE」商品トップページURL:http://nttiivs.ntt-me.co.jp
 
(*1)ME Global WAVE
   NNTT-MEの国際マルチメディアシステム事業として、光BroadBand&超高速光IPネットワークシステム技術、CTI&リッチメディア・ワイヤレスコミュニケーションシステム技術、インターネット&セキュリティシステム技術、オプト・ナノエレクトロニクス技術を中心に、知識創造型グローバル企業へのソリューションを提供しています。
(*2)ラドビジョン・インク(RADVISION Inc.)
   平成5年にイスラエルのテルアビブで設立され、従業員は現在約350人。 ITU(国際電気通信連合)のH.323プロトコル勧告の制定に中心的な役割を果たす高度な技術力を背景に、世界で70%以上のシェアをもつH.323をはじめ、SIP、3G-324M、MGCP、MEGACO/H.248など様々なプロトコルをサポートするソフトウエア・ライブラリを販売するほか、豊富なラインナップのTV会議関連ハードウェア製品群を展開しています。NTT-MEはRADVISIONの全製品を取り扱っており、特にソフトウエア製品についてはNTT-MEが日本の総代理店として一元的に販売を行っています。
(*3)SIPエージェント
   SIPを用いたユーザー端末(IP電話機、TV電話機など)。
(*4)H.323エージェント
   H.323を用いたユーザー端末(IP電話機、TV電話機など)。
(*5)ゲートキーパ
   H.323プロトコルを使用したテレビ会議システム等で使用される多目的制御装置。端末名や電話番号をIPアドレスに変換する機能や、ネットワークの情報量を制御する機能などを持っています。
(*6)レジストラサーバ
   ユーザエージェントの現在のロケーションを登録する要求を受け付ける登録用サーバーです。
(*7)コールジェネレータ
   負荷試験等の目的で呼を擬似的に生成する装置(又は機能)です。
(*8)RTPアナライザモジュール
   RTPトラフィックのモニタリング及びシミュレーションの機能を持つ、「ProLabテストマネージャ」モジュールの1つです。
(*9)デスクトップエンドポイント
   卓上型ユーザ端末。
(*10)リダイレクトサーバ
   ユーザエージェントからの要求を受け取り、相手先の現在のアドレスを通知する機能を持つサーバーです。
(*11)DTMF
   Dial Tone Multi Frequency(ディーティーエムエフ)プッシュ方式の電話機などで、ボタンを押すたびに発信される音を意味します。

PageUp Back