back
  平成16年10月25日
報道発表資料  
 
株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー
荒川河川周辺における、携帯電話の待受画面への
河川緊急情報及びエリア情報配信サービスの提供について


 株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー(以下NTT-ME、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:島 元)は、国土交通省関東地方整備局荒川下流河川事務所が、平成16年10月26日(火)より開始する、荒川河川周辺の情報を携帯電話の待受け画面へ配信するサービスのプラットフォームの構築を行いました。本サービスは、予め登録を行った利用者の携帯電話の待受け画面に、荒川の河川情報や周辺地域の情報を配信するもので、利用者は、河川の水域が警戒水域に達し洪水の恐れがある場合等には、洪水の危険度等の緊急情報が分かる他、緊急時以外でも、普段の河川の水位や様子、周辺の天気予報等の情報を定期的に確認できます。

  NTT-MEでは、このような、携帯電話による新しい情報プラットフォームを構築することにより、災害時における迅速かつ正確な情報の伝達と、安心して生活できる環境形成を支援します。

1.背景
 現在、災害対策の重要な要素の一つとして、的確な情報伝達が求められています。また、さまざまな情報が速やかに手に入る環境は、安心して生活できる都市形成のために、必要不可欠な条件といえます。

 さらに、昨今の携帯電話は、急速な普及率のために、より身近でかつ常備性の高いツールとして、注目されております。また、ユニバーサルデザイン化が叫ばれる中、携帯電話の振動機能などを利用し、情報伝達を行うことは、体の不自由な方への案内としても有効なツールとなります。

2.サービス内容
 本サービスは、利用者が所有する携帯電話の待受け画面に、荒川の河川情報や周辺地域の情報を配信するものです。本サービスの利用希望者は、指定サイトよりアプリケーションをダウンロードし登録を行います。利用者へは、河川の水域が警戒水域に達し洪水の恐れがある場合等の緊急時にお知らせメールが配信されます。お知らせメール受信と同時に携帯電話の待受け画面へも情報が表示されるため、利用者は自動的に最新情報を取得することができる他、閉じている場合でも音や振動により緊急情報が届いていることがわかります。詳細情報については、お知らせ用メールの本文や指定のWebサイトで確認できます。

 緊急時以外も、利用者へ普段の河川の水位や様子、周辺地域の天気予報やイベント情報等の情報を定期的に配信します。配信された情報は待受け画面に直接表示され、折畳み型携帯の場合、開閉毎に情報が更新されます。

3.サービス料金
 登録料、利用料共に無料となります。ただし、パケット料についてはお客様のご負担になります。

4.登録方法
 ご利用の携帯電話から「a@a.ara.or.jp」宛にメールいただきます。メールをされた方には、登録ページのURLを返信いたしますので、そのページの案内に従ってご登録ください。

5.サービス提供時期
 平成16年10月26日(火)

6.提供エリア
 日本全国から閲覧することが可能です。
 ただし、提供内容については、荒川河川周辺を中心とした緊急情報及び周辺地域情報となります。

7.役割分担
 本サービスの提供主体:国土交通省関東地方整備局荒川下流河川事務所
 プラットフォームの構築及び運用:NTT-ME

8.今後の展開
 サービス開始当初、利用可能な携帯電話端末は、NTTドコモの端末となりますが、今後、他の携帯電話事業者への拡大を実施していきます。また、情報提供側からの情報だけではなく、緊急時に利用者が簡単に通報できるサービスを追加する等、サービスの拡充を図っていきます。

<本件についてのお問合せ先>
【報道機関からのお問い合わせ】
株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー
ブロードバンドビジネス本部
松本・山口・長澤
TEL:03-5217-9094
E-mail:webmaster@webproduce.net



PageUp Back