back
  平成18年5月11日
報道発表資料  
 
株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー

XePhion(ゼフィオン)プライベートネットワークサービスにおける
ブロードバンド接続サービスメニューの追加について
〜ブロードバンド回線を利用して安価なエントリーVPN(※1)を実現〜
 
フレッツ回線を利用した、安価でセキュアなVPNサービスに新メニュー「ブロードバンド接続サービス(フレッツタイプR)」が登場
各種フレッツ回線を用いることで低コストで広帯域なネットワークが構築可能
安全性の高いカプセリング(※2)技術によりネットワークのセキュリティを確保
運用負担を軽減する(フレッツタイプR)と、自由度の高いネットワークを構築できる(フレッツタイプF)、2つのサービスタイプで様々なビジネスシーンをサポート
 
 株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー(以下NTT-ME、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大木 一夫)では、NTT東日本、NTT西日本の提供するBフレッツ及びフレッツ・ADSLをご利用のお客様拠点と、弊社が提供するXePhion IP-VPNサービス/広域イーサネットサービスを接続できる「ブロードバンド接続サービス」を、「XePhion(ゼフィオン)プライベートネットワークサービス」(※3)のオプションサービスとして、平成17年6月より提供しています。

 この度、「ブロードバンド接続サービス」の新メニューとして「ブロードバンド接続サービス(フレッツタイプR)(以下、フレッツタイプR)」を、平成18年5月15日(月)より提供開始いたします。
 また、従来メニューの「ブロードバンド接続サービス(フレッツタイプ)」は、「ブロードバンド接続サービス(フレッツタイプF)(以下、フレッツタイプF)」に名称変更し、2つのサービスメニューで展開してまいります。

 この度の「フレッツタイプR」の追加により、今後益々増加が予想される、多様でありながら安価、且つセキュアなネットワークの構築をめざす企業のニーズに対応してまいります。
  今後も、高品質・高信頼の企業向けネットワークサービス「XePhion(ゼフィオン)プライベートネットワークサービス」により、様々なビジネスシーン拡大を強力にサポートしてまいります。

   
1. サービス概要等
 
(1) 概要
低コストで広帯域なネットワークが構築可能
 

フレッツ回線を利用し、安価で広帯域なプライベートネットワークを構築できます。Bフレッツ、フレッツ・ADSLの各種フレッツ回線で利用できます。

安全性の高い技術を用いてセキュリティを確保
 

インターネットに接続しないXePhionネットワーク内の共有空間において、カプセリング通信(※2)を行うことで、フレッツ網経由のアクセスで高いセキュリティを確保いたします。

   
(2)

サービス名称と特長

1 ブロードバンド接続サービス(フレッツタイプR)【NEW】
ルータ機能内蔵機器で簡易にネットワークが構築可能
 

フレッツタイプRは、NTT-MEよりルータ機能内蔵の宅内装置をご提供いたしますので、複数の端末を接続するなど、ルータ機能が必要な場合でも、お客様側でルータの準備や設定の必要がなく、運用負担を軽減できます。

2 ブロードバンド接続サービス(フレッツタイプF)
  拡張性の高いネットワークが構築可能
 

フレッツタイプFは、イーサネットのデータがフレッツ網を透過する(※4)よう、カプセリング通信を行うため、XePhion広域イーサネットサービスと共にご利用いただければ、プロトコルフリー(※5)のネットワークの構築が可能です。

   
(3) サービス仕様
  サービス仕様
 
*1.

XePhion IP-VPNサービスとの接続も可能です。

*2.

フレッツ回線については、お客様にてご用意いただきます。

*3.

フレッツ回線区間につきましては、保守受付・故障修理などはお客様とNTT東日本・NTT西日本の間での実施となります。フレッツ回線区間についても、NTT-MEが一元的に対応する「フレッツ保守一元受付サービス」をご用意しております。(オプションサービス)

*4. XePhion広域イーサネットサービスをご利用の場合。
*5. 本サービスでは、宅内装置と中継区間のネットワークをNTT-MEよりご提供いたします。

(4) 料金
フレッツタイプR
  フレッツタイプR
   
フレッツタイプF
  フレッツタイプF

   
2. サービスイメージ図
  サービスイメージ図
 
*1.

対象サービスとの接続が、基本提供形態となります。

*2.

本サービスでは、宅内装置と中継区間のネットワークをNTT-MEより提供いたします。フレッツ回線については、お客様にてご用意いただきます。

*3.

CPE(Customaer Premises Equipment)は、一般に顧客宅内装置と呼ばれるものです。上記では、フレッツ回線の利用の際に必要となるADSLモデム・回線終端装置などの機器を表しております。

*4. フレッツタイプRではルータ機能内蔵の宅内装置、フレッツタイプFでは独自カプセリング方式の宅内装置をご提供いたします。
*5. フレッツ、フレッツ・ADSL、Bフレッツは、NTT東日本・NTT西日本のサービス名であり、登録商標です。
   
3. サービスの組み合わせ(例)
【XePhion広域イーサネットサービス】+【フレッツタイプF】
 

NTT-MEより独自カプセリング方式の宅内装置をご提供いたしますので、プロトコルフリーで自由度の高いネットワーク構築が可能です。

【XePhion IP-VPNサービス】+【フレッツタイプR】
 

NTT-MEよりルーティング機能内蔵の宅内装置をご提供いたしますので、 ルータの準備や設定などの必要がなく、運用負担を軽減できます。

   
   
4.

提供開始日

 

平成18年5月15日(月)

   
5. お客様からのお問合せ先
 

TEL: 0120-050864(9:00〜17:00まで、土・日・祝日年末・年始を除く)
Email: xephion@ntt-me.co.jp
URL:http://www.xephion.ne.jp/

 

 

 <本件に関する問合わせ先>
株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー
ネットワークビジネス事業本部
XePhionビジネス事業部
営業部門 営業サポート担当 吉田・青山
TEL: 03-5217-9038
FAX:03-3291-5157
Email:xephion@ntt-me.co.jp
URL:http://www.xephion.ne.jp/

※1:

  エントリーVPN
ベストエフォート型のブロードバンド・アクセスと専用ネットワークを組み合わせて提供するサービス。専用線を利用するよりも安価に、しかもインターネットを経由しないのでセキュアにVPNネットワークを構築することが可能で、企業ネットワークに急速に普及しつつあります。

※2:

  カプセリング通信
IP以外のプロトコルを、あたかもIPであるかのように見せてIPネットワーク上を通過させる技術。この技術を利用することで、イーサネットのデータもフレッツ網で通信することができます。

※3:

  XePhion(ゼフィオン)プライベートネットワークサービス
XePhionとは、Next Generation Platform High-quality Optical-fiber Networkの略で、NTT-MEが提供する先進の企業向けトータルソリューションサービスです。XePhionは、「XePhion IP-VPNサービス」、「XePhion広域イーサネットサービス」、「XePhionベアラサービス」などを提供する『プライベートネットワークサービス』のほか、「XePhionコールPro」などのVoIPサービスを提供する『VoIP』、「XePhionインターネットVPNサービス」などを提供する『インターネット』の3つのサービスの柱で、お客様それぞれのご要望に応じた機能を提供し、高品質なネットワーク環境を実現します。
URL:http://www.xephion.ne.jp/

※4:

  イーサネットのデータがフレッツ網を透過する
フレッツ網はイーサネットのデータを通すことはできませんが、あたかもIPのデータであるように見せることでイーサネットのデータでもフレッツ網を通ることができるようにしています。

※5:

  プロトコルフリー
IPだけではなく、レイヤー2プロトコルも使用することができること。IPに縛られない自由度の高いネットワークを構築することができ、企業ネットワークの多様なニーズに応えることができます。

※本リリース文中に記載されている会社名および製品名は、各社・団体の商標または登録商標です。




PageUp Back