back
   

平成15年8月6日

報道発表資料    
   
株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー

既存大規模マンションの全住戸FTTH化について

 株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー(以下NTT-ME、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石川 宏)は、集合住宅におけるブロードバンドインターネット接続サービスへのニーズに応えるため、既存・新設マンションについて、シングルモード光ファイバ(※1)による全住戸FTTH化を進めているところですが、アルーサ北与野ノースピア上落合(埼玉県さいたま市中央区上落合二丁目 494戸 平成4年分譲)の管理組合(理事長 椿本雅則)様からのご要望により、当該マンションの大規模修繕工事と同時期に、NTT-MEのマンション光配線ソリューションを利用した全住戸FTTH化を行いました。
 これまでは既存マンションのFTTH化といっても、光ファイバの敷設は縦系幹線までであり、全住戸まで光ファイバを敷設したのは日本でも初めての試みです。全住戸まで配線した光ファイバを利用してNTT-MEのインターネットマンションサービス「WAKWAKピアル」だけではなく、NTT東日本の光高速インターネット通信料定額サービス「Bフレッツ」の利用が可能となりました。今後、NTT東日本と連携し、インターネット接続サービスを含めたトータルソリューションを提供していきます。
 さらにアルーサ北与野ノースピア上落合様の事例をもとに、IT化を進める既存・新設マンションのインフラ構築に取り組んでいく予定です。

シングルモード光ファイバ
光を通すコアの部分が細い光ファイバケーブルのこと。直進性の強い光を入力し、ケーブル中ではほとんど分散せずに信号を伝えることができるため超高速伝送が可能です。これに対し、構内通信などで使われる「マルチモード光ファイバ」は、伝送速度に限界があります。

1.背景
   ブロードバンドサービスの普及が急速に進んでおり、昨今はFTTHサービスの利用希望が増加しています。ところが既存マンションにおいては制度的・技術的問題によりFTTHサービスの利用が困難でした。特に分譲マンションにおいては、設備の管理権は管理組合にあり検討時間がかかるのも導入が難しい理由のひとつです。アルーサ北与野ノースピア上落合管理組合様はマンションのIT化に積極的に取り組み、マンションの大規模修繕工事と同時期に、情報インフラとして将来的に有用な光ファイバを各住戸まで敷設することとしました。
 また既存マンションの場合、空配管がなかったり、空配管があっても、建物構造上の問題などから光ファイバの敷設が困難なことが多いのですが、今回NTT-MEは、1,000棟を越えるマンションのインフラを手掛けたノウハウの蓄積や商材の選定工夫などによりこの問題を克服することができました。さらにマンション光配線ソリューションにより全住戸までシングルモード光ファイバを敷設することで、棟内に双方向100Mbpsのマンションインフラの構築を実現しました。
併せて、マンション向けインターネット接続サービス「WAKWAKピアル」を提供することにより、ADSL並みの手軽な料金でのFTTHサービスご利用を可能としました。
 
2.NTT-MEマンション光配線ソリューションの特長
  専用の空配管がなくても既存マンションで配線可能!低コストでシステム構築可能
  MDFから各住戸までシングルモード光ファイバを1住戸あたり2芯敷設!インターネットに1芯使用、もう1芯はさまざまなサービスに利用可能
  一戸建同様にNTT東日本の光アクセスサービスの利用が可能
  プロバイダが選択できるのでさまざまな利用者ニーズに対応可能!
  ADSL並の低料金でNTT-MEのFTTHインターネットサービスを提供!
 
3.システム構成図(分譲マンション アルーサ北与野様の場合)
  別紙をご参照ください。
 
4.今後の取組み
   既存分譲マンションの大規模修繕工事等の機会をとらえ、マンションIT化に向けてマンション管理組合のサポートをさせていただきながら、順次FTTH化に取り組んで参ります。
 平成15年度は100棟のFTTH化を目標としています。
 
 
(本件問い合わせ先)
株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー
営業統括本部 R.I.S.ビジネスカンパニー
営業部門 山田 真樹 石橋 英二
電話 03-5217-9025


PageUp Back