ホーム > 会社情報 > 環境への取組み

会社情報

環境への取組み

NTT東日本グループは、「NTT東日本グループ サステナビリティ方針」における脱炭素・循環型社会の実現に準拠した「環境基本方針」に基づき、環境貢献活動を実施します。

[NTT東日本グループのサステナビリティ]

画像:NTT東日本のサステナビリティ SDGs17の目標アイコンが並び、その下のブロック左側に3段のピラミッド状の図、図の上段がパーパス、中段がサステナビリティステートメント、下段が重点課題(マテリアリティ)、中段のサステナビリティステートメントは詳細が右側へ表示されている。サステナビリティステートメント詳細は縦に3段のボックスで表現されており、上段のみ2列で左に地域活性化への貢献、右に脱炭素・循環型社会の実現、中段は高品質で安定した通信の提供、下段は多様な社員が成長できる職場づくり

[NTT東日本グループ 環境基本方針]

 私たちNTT東日本グループは、ありのままの自然を未来に繋ぎ、人と自然が共生した新しい豊かさの創造に貢献していきます。そのために、事業活動による環境負荷の削減と技術・イノベーションの創出により、環境問題の解決と経済発展の両立を図っていきます。

  1. 温室効果ガスの削減
    IOWNの導入や再生可能エネルギーの開発・利用拡大、カーボンニュートラルに貢献するサービス提供等により、NTT東日本グループの事業活動及び社会における温室効果ガス削減に取り組みます。
  2. 資源循環の取り組み
    消費型から循環型経済への転換に向け、製品・システムの調達から利用・廃棄に至るまでのライフサイクル全体を通じて、資源を有効利用する取り組みを推進します。
  3. 生態系保全の取り組み
    事業活動及び社員活動を通して、自然に寄り添い、生態系保全に関する取り組み(自然資本への配慮)を推進します。
  4. 法規制の遵守と社会的責任の遂行
    環境問題に関する世界各国・各地の法令を遵守し、高い倫理観を持って行動します。
  5. 環境マネジメントシステムの確立と維持
    NTT東日本グループは、環境マネジメントシステムを確立し継続的に改善するとともに、環境問題に関する基本戦略、活動の実施状況、情報開示について、議論し、取り組みを推進していきます。
  6. ステークホルダー・エンゲージメント
    NTT東日本グループのバリューチェーンすべてを対象にステークホルダー・エンゲージメントを実施することにより、環境問題の解決に貢献します。